映画「明け方の若者たち」公式サイト

  • 北村匠海
  • 黒島結菜
  • 井上祐貴
  • 楽駆
  • 菅原健
  • 高橋春織
  • 三島ゆたか
  • 岩本淳
  • 境浩一朗
  • 永島聖羅
  • わちみなみ
  • 新田さちか
  • 木崎絹子
  • 三島ゆたか
  • 岩本淳
  • 境浩一朗
  • 永島聖羅
  • わちみなみ
  • 新田さちか
  • 木崎絹子
  • 田原イサヲ
  • 寺田ムロラン
  • 宮島はるか
  • 佐津川愛美
  • 山中崇
  • 高橋ひとみ / 濱田マリ
  • 監督:松本花奈
  • 脚本:小寺和久
  • 原作:カツセマサヒコ「明け方の若者たち」(幻冬舎文庫)
  • 主題歌:マカロニえんぴつ「ハッピーエンドへの期待は」(TOY'S FACTORY)
  • 制作:「明け方の若者たち」製作委員会 (C)カツセマサヒコ・幻冬舎 /
    「明け方の若者たち」製作委員会
  • 制作プロダクション:ホリプロ
    製作:「明け方の若者たち」製作委員会 配給:パルコ
    (C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会
    R15+
12月31日(金)全国ロードショー

story

「私と飲んだ方が、
楽しいかもよ笑?」

その16文字から始まった、
沼のような5年間-。

東京・明大前で開かれた学生最後の退屈な飲み会。
そこで出会った<彼女>に、一瞬で恋をした。
下北沢のスズナリで観た舞台、高円寺で一人暮らしを
始めた日、
フジロックに対抗するために
旅をした7月の終わり・・・。
世界が<彼女>で満たされる一方で、
社会人になった<僕>は、
〝こんなハズじゃなかった人生″に打ちのめされていく。
息の詰まる会社、夢見た未来とは異なる現実。
夜明けまで飲み明かした時間と親友と彼女だけが、
救いだったあの頃。
でも僕は最初からわかっていた。
いつか、この時間に終わりがくることを・・・。

リアリティが胸に迫る
カツセマサヒコ、鮮烈のデビュー作

Twitterでの“妄想ツイート”が話題となり、140字で人々を魅了し続け獲得したフォロワーは14万人以上。10〜20代から圧倒的な支持を獲得した作家、カツセマサヒコのデビュー作『明け方の若者たち』(幻冬舎)が北村匠海主演で映画化。

飲み会で<僕>が一目で恋に落ちる<彼女>を演じるのは、2022年放送開始予定のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』でヒロインを務めることが発表されたばかりの注目の女優、黒島結菜。“LINEよりも手紙が似合いそうだし、パスタよりもそばが似合いそう”な<僕>のタイプドストライクの、魅力と美しさを兼ね備え、恋と仕事、そして秘密をまとった<彼女>を自然体で演じきる。

そして、新入社員の<僕>の同期で後に親友となる<尚人>役には、数々のドラマや映画で活躍の場を広げ、実力をつけている人気急上昇中の俳優、井上祐貴を抜擢。高いポテンシャルと意識を持ち優秀であるにも関わらず、希望とは程遠い部署に配属される<尚人>。同じく現実と理想のギャップに悩む<僕>を近くで支えていく。

comment

北村匠海

北村匠海 takumi kitamura

“明け方の若者たち”で主演を務めさせて頂ける事になりました。
松本監督とは10年前、共演者として学園ドラマで出会い、そして今お互いの道を進んでやっと再会できました。映画に登場する、街や音楽が偶然にも僕の’’本物の青春’’と重なっていて、もう二度と帰ってこない人生のマジックアワーをまた味わえたような、切なくてじんわりあったかくて、笑ってるのか泣いてるのかよくわからないあの頃を、皆さんも思い出せるかもしれません。お楽しみに。

黒島結菜

黒島結菜 yuina kuroshima

台詞を言葉にするのがとても難しくてわからないことだらけでしたが、今のわたしにできる精一杯ができたと思います。 北村くんとは3回目の共演だったので、安心して現場で過ごすことができ、井上くんは初めてなのに初めてじゃないような不思議な人でとても楽しくお芝居ができました。松本監督の演出は常に新しくて、ニヤッとしてしまうくらい面白かったです。 撮影が終わって少し経ちますが、今思い出すとすごく純粋で美しい時間でした。誠実で一生懸命なこの物語を多くの方に見て感じていただけると嬉しいです。

井上祐貴

井上祐貴 yuki inoue

脚本を読んだ時、同世代の登場人物に共感して、とても楽しく読み進めました。撮影合間の北村くんや黒島さんとの他愛もない会話も、まるで劇中の1シーンに感じる様な現場で、撮影中はそんな感覚で過ごしていました。僕が演じさせて頂いた古賀尚人は、カッコよくてなんでもこなせる。でもその裏には努力やプライドがあるんだろうなと演じながら感じました。僕自身尚人からたくさん刺激を受けたこの作品。今は完成が楽しみです。

監督 松本花奈 hana matsumoto

カツセさんの紡ぐ言葉の、笑顔でいるけれど本当は少し寂しかったりとか、夢を追いかけることをやめたけれど本当はどこかで希望を捨てきれていなかったりとか、決して単純ではない、濁りのある感情の描写がとても好きです。そんな繊細でリアルなこの物語を、北村さんと共につくれることが楽しみです。1カット1カットを大切に、撮影していきたいと思います。

原作 カツセマサヒコ katsusemasahiko

初めて書いた小説が、発売して一年も経たないうちに映画化発表されて、しかも、その主演が北村匠海さん? どこからがドッキリですか。まだ実感が沸かず、フワフワとした気持ちでいます。小説を子供とするならば、映画は可愛い甥っ子といったところでしょうか。松本監督と素晴らしいキャスト・スタッフ陣に全て委ねて、温かく見守ろうと思っています。本当に楽しみです!

theme song

マカロニえんぴつ 「ハッピーエンドへの期待は」 (TOY'S FACTORY)

はっとり(Vo/Gt)のコメント
comment

下北沢を、明大前を、期限付きの恋人ごっこを、どうにもならず掻きむしった夜のことを、想いながら思い出しながら書いた歌です。原作から大好きな作品にこうして携われたことが嬉しいです。カツセさん、改めて映画化おめでとうございます。